ヘルマンハープ・梶原千沙都オフィシャルブログ

ヘルマンハープ・梶原千沙都のオフィシャルブログです。ヘルマンハープの音楽事業家として、福祉と音楽をつなぐヘルマンハープでの新しい日独友好の文化交流、そして生涯教育活動をトータルプロデュースしています。

Blog梶原千沙都オフィシャルブログ

最新の記事

みなさん、今年一年もお疲れさまでした!

0 件のコメント :


今年も早や終わってしまいますね。お疲れ様でした。というわけで、自分のことは二の次となって、今年なんと2回目のブログですよ~。
「新年おめでとう!」から「良いお年を!」というブログで申し訳ありません。

それでもヘルマンハープ神楽坂店にクリスマスツリーを飾りました!昔ドイツで買ったツリーなので、いっぱい飾って頂戴とばかりに枝をのびのびと広げているツリー。とても場所をとります。でも、本物のもみの木の枝も家に飾ると、とてもワイドでこんな感じです。


オーナメントは、ドイツとスイスとウィーンに住んでいた時に毎年買い集めたもの。そしてこどたちが幼稚園で作ってきた星や月の飾り。そして手芸の得意なお友達が作ってくれたビーズや刺繍の飾り。私がお裁縫ができないことを知ってるので、よく作ってくださいました。
トップに飾っているのなんと、ゴージャスなシャンデリアです。これはウィーンのクリスマス市で買ったものです。見に来てくださいね迫力ですよ。
ウィーン人は実はシャンデリアがお好き。シンプルなマンションにもなぜかペンダントトップはシャンデリアだったりします。音楽の国ですね。オペラの雰囲気ですね。

クリスマスに寄せて、YouTubeにアップしたアメイジング・グレイスをお届けします。
この曲は、18世紀ごろにイギリス人のジョン・ニュートンによって作られました。ジョンは黒人奴隷を輸送する奴隷貿易にかかわり、船乗りをして富を得ていましたが、22歳の時に船が転覆の危機に見舞われ、そのときにはじめて心の底から神に祈ったそうです。
船を降り、勉学に努め、牧師となりました。
「大いなる神のみめぐみ」という意味のアメイジング・グレイスは、「神はこんなどうしようもない私をお救いくださった」という神の恩寵を歌った歌詞です。
239年も尊ばれて世界中で歌われているとのこと。「古い」、「新しい」がない歌として代表的ですね。
年末は何かしら、自分の生き方を振り返りたくなる時ですね。
想いをこめて弾き歌いをしました。どうぞできたらイヤホンで聴いてください。
メリークリスマス!!
アメイジング・グレイス

2018 新年おめでとうございます!

0 件のコメント :
「2017日本ヘルマンハープ振興会主催 ヘルマンハープ演奏発表会 in 東京」でのソロ演奏
ブログを書くのは何か月ぶりでしょうか?昨年後半は、ヘルマンハープの仕事に追われすぎて、お風呂に入るのも二日に1回ぐらいにして、時間を節約。なんとか乗り越えた感じです。2018年はヘルマンハープに出会って、事業計画をスタートして今年は15年目になります。それでもこの忙しさは変わりません。自分が作った仕事をするというにはそういうことでしょうね。

"世界一のヘルマンハープ奏者“とみなさんから言ってもらっているヘルマンハープの奏者がこんなことを言わない方がみなさんの夢を壊さないのでしょうが、私はヘルマンハープを弾ける時間より、パソコンをたたいている時間,その次に教えている時間の方がずっと長いのです。
でも、短い時間でも弾いているときの集中力は、57歳になった今も衰えません。私はお相撲さんのように、ヘルマンハープと四つに取り組みながら真剣に音を出しています。私が編み出した「ヘルマンハープの奏法」は、そのための方法。つまり、自分の思い描く音をヘルマンハープに出してもらうための楽器との対話の方法なのです。

ヘルマンハープは五線譜が読めなくてもだれもが弾ける。そして誰もがともに楽しめることができる弦楽器です。それは、ヘルマンハープ発祥の意義ですから一番大切なことです。でも、ヘルマンさんは、これまで人が聴いたことのない美しい音の弦楽器を息子のために開発しました。ですから、普及当初の2005年ぐらいから、「メソッドは?」「奏法はないの?」と魅力を感じたみなさんから問いかけられるようになったのでしょう。

最近はご自身でヘルマンハープを楽しんでいるいる人や、同好会を作ってボランティア活動をされるヘルマンハープ愛好者が急増しています。
この1月には音楽之友社から「ヘルマンハープの奏法〈基礎編〉」第5冊が発行になります。また、第2版に改訂されていますので、ボロボロになってしまった方には、よろしければ買い替えもおすすめです。
このテキストは、私とヘルマンハープのあゆみが生み出した、血と涙の結晶ともいえる人生の作品です。1件のクレームもなければ、楽器を弾くのは初めてという方から、音楽の専門分野の人まで活用しています。ヘルマンハープ人口4000名にして3000冊以上の発行部数ですので、教室で使われているだけでなく一般的に用いられています。
はじめてグループを組んで活動を始めた方たちからも、『自分たちの活動のバイブルです』という声をいただいています。そう言っていただけるほど、物語を読むようにやさしく解説しています。

ではでは、今年がとにかく平和で、やる気にあふれる1年になるように。
みなさん、一緒に頑張りましょうね!

神楽坂店での「ヘルマンハープベビー親子コンサート」

0 件のコメント :
夕方になると風が涼しく感じられるようになってきたこの頃、ヘルマンハープ神楽坂店では、ベビー親子コンサートを開催します。
日ごろ、赤ちゃんのお世話に追われてくつろげないというお母さんたち!ヘルマンハープに合わせて、お子さんと一緒に動物の歌や子守歌でリラックスしながら楽しみませんか?
広々としたクッションフロアーに座って、お子さんとゆったりお過ごしいただけます。
ヘルマンハープの音は乳幼児期のお子さんの体にやさしく、やさしく美しい音色に小さな子供も耳を澄まします。赤ちゃんのためのファーストコンサートには、ヘルマンハープの上質の弦の音色はぴったりですよね。ヘルマンハープの歌のお兄さんも子どもの大好きな歌をたくさん披露します。

ヘルマンハープの音は赤ちゃんと相性がよく、お子さんがすやすやと眠るという声をよく耳にします。ある日のミニコンサートでは、お目目パッチリの女の子もヘルマンハープの音を聴くうちに、いつしか横になってすやすや眠ってしまいました。



9月の「ベビー親子コンサート」は、9月28日(木)の13:00~30分間。入場料は親子で500円。対象は2歳未満のお子さんと保護者の方です。

ベビーカーも持ち込めますので、お気軽にお越しくださいね!
お申込みはヘルマンハープ神楽坂店(03-6265-3547)へ。





ヘルマンフェー社社長の来社

0 件のコメント :
 みなさま、とってもお久しぶりです。久々すぎるブログの更新です。
お暑い毎日ですが、ちょっと春の涼しさを思い出してください。

桜の花で日本中が明るくなる4月に、ドイツのヘルマンフェー社の社長のクラウス氏が日本のヘルマンハープ総販売代理店の(株)日本ヘルマンハープにお越しになられました。
新しくオープンした神楽坂店もご覧になり、日本情緒たっぷりで活力あふれる神楽坂の町をたいそう気に入られていました。
練習に来られていた会員のみなさまとも言葉を交わして、ハイチーズ!
NHKカルチャーさいたまアリーナ教室の体験会にも同行下さり、ドイツから愛を込めてのご挨拶をご参加のみなさまにいただきました。ご参加されたみなさまは、今、楽しくお稽古を続けておられます。
日光へショートトリップにご一緒しました。まだ雪が残っていますが、静謐な空気に触れて、たくさん一緒に歩きました。
ディナーの写真が素敵に撮れました。日光東照宮のモチーフをたくさん取り入れた意匠のレストランです。が、一番気に入られたのは、おうどん。とてもお出しがおいしくて、2回も同じおうどんやさんに行きました。
下記はクラウス社長の撮影の一枚。外国の方の視点ってちょっと違って素敵です。

西部百貨店のカルチャーでのロビーコンサート

0 件のコメント :

3月14日に、池袋の西武百貨店本店のカルチャー教室「池袋コミュニティカレッジ」のロビーで、初めて受講生の皆さんのアンサンブル演奏でヘルマンハープのコンサートを行いました。
広くて明るいロビーにゆったりと椅子を並べていただき、思っていたよりもたくさんの方が演奏を聴きにお越しくださいました。
《エデンの東》や《ムーンリヴァー》のような映画音楽とともに、もうすぐ開花を迎える《さくらさくら》も演奏し、お琴を彷彿とさせる合いの手を入れると、ヘルマンハープで奏でる和の響きにみなさんうっとり!

とてもうれしかったのは、今、大病を患われて講座をお休みしておられる方お二人おられるのですが、そのお二人ともが聴きに来てくださっていたこと。
お一人は「4月から復帰します!」と宣言。「みんなとまたヘルマンハープが弾きたかった」という思いが伝わってきて、その方がヘルマンハープに巡り合われてほんとうによかったと、ヘルマンハープが励みになっていると思うとうれしかったです。
もうお一人も必ずや復帰されるようにと願って、ヘルマンハープへの扉はいつも温かく開いています。みんなに遅れるとか気にしないで休養できるものヘルマンハープのいいところです。

すべてのヘルマンハープの教室が、そんな人の心のよりどころでありますように!










↑PAGE TOP